不動産オーナーの皆様へ

現在は休眠している戸建てやアパート、または退去予定が決まっている建物等をシェアハウスという住環境として再活用致します。

借上げた物件を弊社でアレンジし、我々の力でシェアハウス及びコミュニティーが取れるワンルームという住空間として有効活用し、活性化させます。また、企業社員寮や留学生、大学生の方々にも幅広くご利用していただいております。

既存の建物を大幅にリノベーションせず、コストを最大限に抑え必要な個所に対し手を加える事が大半です。

また、一般的な戸建てやアパート一室にシェア要素を盛り込んだ内装作りや共有家具、部屋内家具を取り備える事で既存の建物に付加価値を付け、交流が持てる住空間の演出と勉学や仕事にも取り込めるプラーベートも重視した住まい(個室)を提供する事が大切かと考えます。

 

☆お悩みをオーナー様の立場で解決提案させて頂きます☆

 

Buddy Asiaの経験と実績からのご提案。
実質20年~30年は建物活用可能となります。
将来、確実な人口減少時代、新たなリスクで不動産取得税まで発生させ新築にこだわるより
これまでの使命は終わったとはいえ、現存する戸建てや築古アパートを有効活用させる方法があります。

 

Buddy Asiaという会社とは?

築年数が経過した戸建てやアパートをオーナー様から借上げ、シェアハウスとして有効活用し安定運営する会社です。
創業以来、ITバブルやリーマンショック、震災等を全て乗りこえ、物件オーナー様と10年15年と継続したお付き合いをし確実に成長を遂げています。

主にオーナー様より物件を一括借り上げし、国内外の社会人・大学生・留学生・講師等の方々向けに良好な共同生活を送っていただいております。