シェアハウスで新生活

先日の沖縄は最高気温24℃と初夏並みの気候でしたが、今年は全国的に寒暖の差が激しい冬となっているようです。

こちら沖縄では桜が咲き始めております☆

沖縄シェアハウス管理人のMASAです。

さて2月に入り、早い人はもう新生活の準備を進めている方もいらっしゃるかもしれません。

Buddy Asiaが管理する沖縄のシェアハウス “Far East House”にも毎年3月になると沖縄で新生活をスタートするという方たちからのお問合せを多く頂きます。

就職や転職、入学等の新生活スタートというのは慣れない環境での生活に関する不安があり、最初の数か月はきっとストレスや疲労感でいっぱいいっぱいな人がほとんどだと思います。

また、引っ越しにかかる費用や転入先の住居にかかる費用というのは家賃の何倍というコストがかかってしまうというのも若者にあまり優しくない日本の賃貸事情だと思います。

家具や家電、ネット環境を揃えるだけでもかなりの費用と労力を必要とし、更に賃貸契約時にかかる敷金、礼金、保証金、家賃1か月分等の高額な入居費用と連帯保証人に書いてもらう書類等の事務的な労力は社会人一年目の人にとっては特に負担が大きく感じることでしょう。

Buddy Asiaがご案内するシェアハウスは、1ヶ月以上から契約可能で、敷金・礼金・保証人等が不要という部分も若者をメインに受け入れられています。

全てのハウスに各個室を完備しており、家具・家電をはじめ、カーテンや寝具、無線LANのインターネットなど、生活に必要なものがそろっていて、カバンひとつでお引っ越ししてもその日から不自由なく暮らすことが可能!(一人一人個室を完備。部屋にはベッド、冷蔵庫、机、収納タンス、Wifiが含まれています。)

就職・転職等で他県や海外から沖縄に引っ越して来て、初期費用を抑え、まずは一回スムーズに生活をスタートしたい方にとっても便利な住環境です◎

その間に仕事を見つけたり、新しい住居を見つける方もいます。

Buddy Asiaは沖縄で新生活を送る若者を応援いたします☆

お気軽に内見にお越し下さい◎

コメントを残す

CAPTCHA