Buddy Asiaダイビングスクールのマンツーマン講習

こんにちは、Buddy AsiaダイビングスクールのダイビングインストラクターMASAです。

当ダイビングスクールは那覇市の新都心エリアにございます。

個人経営のショップのため、完全少人数での講習や体験ダイビングを実施しており、プライベートレッスンもお1人での体験ダイビング参加等も追加代金なしでご利用いただけます。

安全管理の徹底はもちろんのこと、個人経営ならではの柔軟さと自由さがBuddy Asiaの心地良い雰囲気となっております。

ライセンス講習やスキルアップ講習では、自衛官と消防官の経験をもつインストラクターにより潜水活動の実践に即したノウハウを身に着けることができます。

日本人ダイバーはどうしてもインストラクターの後についていくだけのお任せスタイルが主流ですが、ダイビング指導団体PADIではバディ潜水(インストラクターがいなくてもライセンス保持者と二人で自由に潜る)を認めております。

沖縄に住む在日米軍の軍人たちはプライベートで仲間同士だけでガンガン潜ってアドベンチャーしている光景を見るとやはり、日本と欧米ダイバーの勢いの差を目の当たりにします。

日本人がバディ潜水できない理由としてはまずは自信がない、不安。ということが挙げられます。

その次に一緒に潜る相手がいないwやダイビングライセンス取った時にショップの人からインストラクターと一緒に潜った方が安全ですなどと言われたパターンがあげられます。

それもそのはず、みんながみんなイントラを付けずにバディ潜水したらダイビングショップが儲からなくなりますからねw

でも実際は自分たちだけで、潜水計画等をたててダイビングすることができるのです。

サーファーは車を走らせてサーフポイントに自分で行って、一人でサーフィンして帰ってくるのになぜかダイバーってサーファー感覚でできないんだよな。。。

何かもったいない。お金払ってライセンス取ったのに自由に潜れず、毎回ショップにお金を落としていくという。。。

サーフィンは一度道具揃えたらあとは基本駐車場代くらいしかかからない(沖縄の場合は駐車場代すらかからない)

ダイビングは確かに器材揃えて、タンクも借りなきゃいけないのでどうしてもサーフィンより手間がかかってしまうかもしれないけど、それも回数を重ねれば自然と慣れてくる。要するに訓練を継続すれば他人が煩わしいと感じることも簡単にストレスなくやってのけることができる。

ただサーフィンとダイビングの最も大きい違いは、サーフィンの方が圧倒的に根性と強い精神力が必要だということです(笑)

私はダイビングもサーフィンも両方やるのでどちらかに優劣つけることはないし、それぞれに楽しみ方があると思っています☆

とにかく私は多くの人に、特に若い世代にダイビングを始めてもらい、自分たちだけでガンガンバディ潜水をして世界を広げていって欲しいと願っております。

昨今の若者の趣味離れ、海離れ、冒険離れが目立っておりますが、Buddy Asiaダイビングスクールは若者が何かに没頭し、何かに目覚めるきっかけ作りを提供していきます。

各種ダイビングライセンスコース、体験ダイビング、ファンダイビングを完全少人数制で行っています。

1グループ2人の場合はその1グループのみで講習を実施しますので、他人を気にせず集中して講習を楽しむことができます☆

ダイビングを通じてまずは海外に出て頂ければと思います☆

Buddy Asiaダイビングスクール

MASA

コメントを残す

CAPTCHA