浦添シェアハウス満室御礼

4月に入って新生活を始めた人たちはいかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、沖縄シェアハウス管理人のMASAです。

先日からBuddy Asiaが運営管理する沖縄のシェアハウスFar East House Urasoeが満室となり、新生活が本格的にスタート致しました☆

若者からベテランまでいつの日も新しいことに挑戦するとうのは一度しかない人生をおくる上でとても素晴らしいことだと思っています。

私もこれまで様々なことに挑戦し、多くの失敗と同時に多くの喜びや感動を経験してきました。

沖縄でシェアハウスの運営管理をするBuddy Asiaは新生活をおくる人々や新たなことにチャレンジするすべての人たちを応援しています☆

さて、先日は私がまだ20代後半の頃、ハワイで仕事している時に住んでいたシェアハウスで知り合った仲間であるSHIBAさんが彼の故郷である沖縄を訪問しました。

SHIBAさんはお互いハワイを出たあとも横浜でのシェアハウスのイベント運営やBuddy Asiaの立ち上げを手伝ってくれたネットマーケティングを専門としている方です◎

ここ沖縄は今の時期は清明(シーミー)と言われる先祖を供養するためにみんなでお墓参りをするという沖縄の伝統行事があります。

今回はそのお墓参りや同窓会、Buddy Asiaの近況を聞きに沖縄へとやってきました☆

SHIBAさんのゆかりの地を巡り、生誕の地である沖縄市の池原にも行ってきました。

まずは沖縄サーフィンのメッカである砂辺へ。浦添市にありますシェアハウス、Far East House Urasoeから砂辺まではバスも出ており、30分ほどで到着します◎

オフロードの自転車をお持ちの方はハウスから海沿いをずーっと走りながら行くこともできます☆

この日は波がなかったので残念ながらサーフセッションはできませんでしたが、海沿いのアメリカ人向けのカフェや、最近では外国人観光客にも大人気のはまやそばへ。

そして北谷町には米軍基地が密集していることもあり、多くのミリタリーショップがございます。

実はBuddy Asiaの運営するの浦添市のシェアハウスの近くにもキャンプキンザーという海兵隊の補給基地があるため北谷ほどではございませんが米軍関係のトラックがよく走っておりアメリカンな雰囲気がございます◎

そして生誕の地、沖縄市へ。沖縄市もアメリカ空軍の嘉手納飛行場に面しており、アメリカの雰囲気がプンプンする町となっております。

Buddy Asiaのシェアハウスからは少し距離がありますが、最近那覇ーコザ急行線というバスが運行し始めて非常にアクセスが良くなっております。

シェアハウスの休日に是非ディープな沖縄を体感しに沖縄市へ行ってみてはいかがでしょうか☆

そしてFar East House Shuriの近くにある居酒屋へ。

こちらのシェアハウスの近くにはモノレールの首里駅やスーパーや飲食店などが徒歩圏内にたくさんあります。

また、首里の高台のため、那覇市内と海を一望できる場所がハウス近くにたくさんございます。

非常にタイトなスケジュールだったと思いますが、SHIBAさんには故郷である沖縄を満喫して頂けたのではないでしょうか。

この島で生まれ育ったSHIBAさんの昔の思い出の地や私が知らない沖縄のことを聞くことができて更に沖縄の魅力に気づくことができました◎

まだまだ私も沖縄について知らないことばかりですが沖縄でのシェアハウス運営を通して多くの人たちと出会うことでもっと多くのことを知ることができればと願います。

Buddy Asiaは沖縄へ挑戦しに来る若者や外国人の生活をサポートし、居心地の良い住環境を提供するために精進していきます!

MASA

内覧のご予約やシェアハウスに関する疑問等はこちらまでお問い合わせ下さい!

LINEでのお問い合わせも承っております

友だち追加数

 

コメントを残す

CAPTCHA