沖縄に訪れる外国人留学生たち

ようやく亜熱帯らしい気候になってきました。

沖縄本島は石垣に続いて海開きしました~

こちら那覇市には多く外国人留学生や外国人研修生が住んでおり、みなさん東京や大阪などの都市部で日本語を学ぶのではなく、南国沖縄で日本語を学ぶ外国人が増えているようです。

まあ確かに日本人がハワイやオーストラリアのサーファーズで英語留学しに行く感覚なのかな。。。

あとフィジー留学とかw

どうせ学ぶなら自分の好きなものがある場所で語学プラスアルファを学べる場所をみなさん選ぶのでないでしょうか。

自分の場合はオーストラリアのゴールドコーストを選びましたが、理由はまずサーフィンができるってこと、そしてダイビングのインストラクター資格が取れる場所であったことが一番の決めてでしたが、日本に訪れる外国人も自分が求めているものがなるべく集まった場所を選ぶのではないでしょうか◎

現在Buddy asiaのシェアハウスには沖縄を愛するフランス人が滞在しています。

たぶん俺より沖縄のこと知ってるかもしれないw

フランスでは4つ星レストランでシェフをしていた彼は時々シェアハウスのゲストに料理をふるまってくれます☆

このフランス人留学生が沖縄をチョイスした理由は沖縄の雰囲気や文化が好きなのとBIGINのファンだということですw

あと東京でも日本語を学んでたみたいだけどやっぱりこの沖縄に戻ってきて沖縄のフレンチレストランで働くために、日本語をもっと勉強しなくてはならないと言ってました◎

確かに自分もオーストラリアやバリ島やサイパンが好きで、ここに住みたいと思ったらまずその地で仕事を探すことを考え、仕事につくためには語学能力や∔アルファのスキルが必要であるから、それを目標に努力するのは自然の原理かもしれない。決して簡単なことではなく、ほとんどの者がそれを叶えることができずに帰国するのが事実。

自分も海外に住みたくて、そのためにはどの国でも働けるスキルと言語を学ぶ必要があると思い、英語の習得とダイビングインストラクターの資格をとり、それなりに多くの国に住むことができ、多くの経験を得てきました。

ここ日本や沖縄に日本語や専門的なことを学びに訪れる若者の中にそういった野望をもち、考え抜いてなんとか自分の好きな国で住むという夢を叶えようとしている人がいることでしょう。。。

そういった夢や情熱を持った外国人や日本の若者をこれからも積極的に受け入れ応援していきたいと思っております。 まずは彼らの生活の基盤作りや、交流が育める若者応援型シェアハウスを沖縄で展開していきたいと考えます。

沖縄での新生活は是非シェアハウスはコチラ

シェアハウス

コメントを残す

CAPTCHA