横浜シェアハウス巡回

こちら沖縄は雨の日が続いております。

沖縄の雨はなぜかスピリチュアルな感じがするのは私だけでしょうかw

那覇じゃなくて北部の雨降りは何だか神々しいです。

さて、先日は横浜・埼玉遠征に行ってまいりました。

埼玉には私の実家があり、横浜には私の古巣であるシェアハウス運営会社・インターワオがあります。

インターワオは1都3県に60物件以上のシェアハウスを展開しており部屋数にすると1000部屋を管理するシェアハウス専業集団でございます。

今回は私が独立する前に勤めていたそのインターワオの統括マネージャーと横浜エリアの大型シェアハウスの巡回に行ってきました。

まずはインターワオのできたてほやほやの新規ハウス、ファーストハウス溝の口を拝見させて頂きました◎

やっぱり規模とお金の使い方が違いますね。。。 昨年できたファーストハウス溝の口が60部屋、そのお隣にできたシェアハウスが40部屋で合計100部屋の大型シェアハウス!一棟借りで毎月150万~200万の家賃でしょうか。

まあ満室ともなれば毎月150万程手元に入ってくるビジネスです◎

リビングもシャレオツでさすがお金かかってますね~

ビリヤードは大型シャレオツシェアハウスや国際交流型シェアハウスには必須のアイテム。

こちら中古で買って50万くらい◎

シャワールームも綺麗でよかったです◎ 水回りはシェアハウスにとって一番重要な場所であり、最もお金をかける場所かもしれません。あとインターネットもね☆

こちらの新規シェアハウスは家賃は光熱費・ネット込みで72000円/月

一見シェアハウスのくせに高いなと思った人もいると思います。

しかし、一般賃貸に比べるととにかく初期費用が安い! 初期費用は1か月分の家賃込みで10万未満でしかも家具・家電付きなので到着したその日から生活できますからね。。。

退去する時もクリーニング代とか一切かからず(著しい破損、汚損等あった場合を除くw)

完全個室でプライベートも確保できるので、シェアハウスで新生活にかかるコストを抑え、毎月の家賃も抑えることで他のやりたいことや自分の夢に専念できるわけです。

改めて感じますがやはりお金は大事であり、特に大切なのはそのお金をどう自分に投資するかが大切です。

なのでせっかく夢や目的をもって新たな場所に来る若者は、家借りるくらいで家賃3ヵ月分や4ヵ月分を払って一般賃貸を借りて、かつ家具家電もお金を費やして自分の部屋に運び入れるような行為はお金も時間も無駄に使ってるとしか言いようがないと思います。

共同生活ができない人や共同生活なんて自分のプライドが許さないとかいう人、やっぱ夢の一人暮らしという根拠のない憧れをもって貴重なお金をドブに捨てる人に比べると共同生活するのに抵抗がない人や、全然気にしませんという人の方がよっぽど爽やかであり、節約できたお金を自分に投資したり、相手のために使ったりする分、社会人としての成長は前者よりも数倍早い。

しかも他人とのコミュニケーションを自然にこなせる人間になるため、コミュ障になることもないし、そうだった人も少しづつ改善されていくことだろう。いろんなタイプの人間に会い、一緒に生活することで世の中を渡り歩く軽やかさは必ず身につくはずだ◎

シェアハウスは年をとってまで住めるものでもない。なので今しか住めない若い時に、色んな人と出会い、そしてお金を無駄にせず、自分や仲間への投資を増やし、人間としての深みをだしていくことが今の若者がこの長時間労働・低所得社会を生き延びていく手段であると考えます。

無意味なプライドや既成概念を捨て、一度シェアハウスに住んでお金と仲間と教養を蓄え、人生に深みを出しなさいと言いたいw

MASA

 

■沖縄移住はまず那覇シェアハウス・浦添シェアハウスでスタート

沖縄シェアハウスはBuddy Asiaまで☆

buddy-asia.com

 

東京・神奈川・千葉・埼玉でシェアハウスをお探しの方はシェアハウス運営会社インターワオまで

http://www.interwhao.co.jp/

コメントを残す

CAPTCHA