最も近く、最も遠い。。。

2012年の渡豪以降、韓国や台湾、中国の仲間が増え、東アジアの見方も随分変わった。

それまではまさか自分がここまで韓国や台湾に足を運ぶことになるとは思いもしていなかった。

かなり予想外の展開ではあったが、今では良い方向へ自分を導いてくれたと思います。

日本に帰国してもうすぐ一年になりますが、日本に訪れる外国人の中でも韓国人の日本語レベルや学習意欲は非常に高いように思える。

私の韓国人の友人たちは英語でコミュニケーションとれる韓国人がほとんいどであったが、日本のゲストハウスで仕事してからは、日本語が話せる韓国人と知り合う機会が増え、彼らのポテンシャルの高さに驚かされる。

韓国語ができない自分が恥ずかしいと思うことがある。なぜならばフェアじゃないから。

我々は母国語で話し、彼らは第二言語で話す構図に時々違和感というか居心地が悪くなることもある。何だか申し訳ない気持ち。日本語で話してくれて何だか申し訳ございません💦って感じ

語学を学ぶということは相手をリスペクトすることに繋がるということをもっと我々日本人は意識しなくてはならない。

 

11170334_871893502882366_8080389646607268910_n

お互いの努力なしに平和は築かれない。

言語も同じでお互いがお互いの国の言語や文化を学ぼうとして初めて対等に向き合うことができる。

発音の上手さや、文法の組み立て方とかも確かに大事ではあるが、まずは相手をリスペクトして言語を学ぶことが大切だと考えます。

要するにまずは分かろうとする”情熱”が大事だと。。。

 

2月、3月は異動の季節。 私の友人たちは次のステージへと飛び立っていきました。

これからもお互い日韓の架け橋になれるよう交流を保っていきたいと思っています。

我々若い世代が少しでも進歩した日韓関係を後世に残していくために。。。

12742512_1030504943687887_100921013819101675_n

同世代の韓国人と昭和の雰囲気醸し出してソジュを飲み交わし、夢を語り合うのが私の夢です。

いつか必ず私のような変わった人間が増えてくることを願います。

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA