シェアハウスに住む付加価値

 外国人が日本に来て、留学やワーキングホリデー、就職にも関わらず、部屋を探す際に、言葉の壁だけではなく、日本独特な賃貸ルールや仕組みに戸惑う事も多いでしょう。そこで今回は、外国人や日本の若者が賃貸住宅を探す際に必要な知識の紹介と、一般賃貸とシェアハウスの比較をしていきたいと思います。

■外国人の賃貸について
日本で賃貸住宅を契約をする際は、家賃に加え、敷金や礼金、仲介手数料等の諸費用が必要になります。物件や地域によっても異なりますが、一般的には家賃の4~5カ月分がかかることもあるでしょう。

これは本当に日本の悪しき賃貸事情ですね。。。

また日本の一般的な賃貸住宅を契約する際、高いハードルになるのが連帯保証人です。これは契約者に問題があった際、万一の際は連帯保証人が契約者に変わって弁済を行う事を保証する制度です。

日本人同士でも連帯保証人になる事は避ける傾向があり、一般的には親兄弟以外でなる人はほとんどいません。外国人が賃貸物件を契約しようとする場合、これは非常に高いハードルになります。

しかもここ沖縄では連帯保証人を立てたとしても保証会社を必ず使わなければならないという悪しき習慣がございます。これで更に初期費用がアップします。

 

こんなことやっていてはいつまでたっても沖縄の不動産業界は昭和のままです。

 

続いて外国人の賃貸の種類は下記のようなものがあります。

・賃貸住宅(アパート、マンションなど)
・シェアハウス
・学生寮・留学生会館(学生限定)
・ルームシェア

今回はこの中の一般賃貸住宅とシェアハウスについてご紹介します。

 

◎賃貸住宅(アパート、マンションなど)
日本の民間賃貸住宅には、家具が付いていないものが一般的です。契約期間は基本的に二年間です。日本の大学に留学する等、長期滞在する場合は賃貸住宅がおすすめです。逆に1年に満たない短期滞在の場合は、シェアハウスやマンスリーマンションのほうがコストパフォーマンスは高いでしょう。ちなみに賃貸住宅への入居後が入居後は家賃、共益費(管理費)、水道光熱費(平均1万円)、インターネット利用料等が必要です。一般的に賃貸物件は、高い階の部屋ほど、家賃も高くなります。

メリット

門限などの制限がないので、自由に生活できる
自分の希望に合った部屋が見つかります
2年以上の長期滞在を予定している場合、一ヶ月あたりの費用が割安

デメリット

入居する際に、家具・家電を揃えなければならない
礼金、敷金、仲介手数料などの初期費用が必要
連帯保証人が必要、保証会社が使える場合でも保証料が初期費用に加算される

 

◎シェアハウス
シェアハウスはゲストハウスとも呼ばれ、リビング、キッチン、風呂、トイレなどを入居者で共有し、部屋だけ個室になっているものを指します。多くのシェアハウスには、礼金、敷金、仲介手数料、連帯保証人などが必要がないため、外国人に人気があります。(※保証金が必要なシェアハウスもありますが、通常の賃貸住宅の初期費用と比較すると安い傾向があります。)

契約期間は一ヶ月から最大二年まで、賃貸住宅と比較すると、契約の自由度が高いのでワーキングホリデーや短期留学生・遊学生にとって、シェアハウスは便利な住居と言えるでしょう。シェアハウスには外国人の入居者が多い傾向がありますが、最近ではシェアハウスへの入居を希望する日本人も増えているので、日本人との交流も楽しむ事もできます。

メリット

家具や家電が付いているので、すぐ入居できる
礼金、敷金、仲介手数料など必要がないので、初期費用が安く済む
友達を作りやすい

すぐに入居できる。
ほとんどの家具・家電付き賃貸物件が、テレビや冷蔵庫、洗濯機、エアコン、照明器具などの家電はもちろん、ベッドやテーブル、椅子、カーテンなどの家具も設置されているので、すぐに生活をスタートすることができます。ただし、物件により家具・家電の内容が異なるため、要事前確認。

デメリット

時間帯により、共有スペースが混雑になり、使いたい時は使えない。
共通のルールに従い、生活するので、自由度が低い

 

シェアハウスの最大のメリットは初期費用が抑えられること!
家具や家電を購入する必要がないので、初期費用を大幅に節約でき、毎月の生活費も抑える事も可能。

もう一つメリットと言えば備え付けの家具や家電が故障した際に、基本的に無料で修理や交換してくれる
※家具や家電の故障に関して、経年劣化による故障もあるので、トラブルを避けるため、部屋を見学する際に、備品の状態もチェックするようにしましょう!

サーフボード付きの海沿いのシェアハウスとか憧れますね。。。w

まあ何といってもシェアハウスの最大の価値は人と人との交流であると思います。

若者の交流、国際交流、同じ志をもった交流などなど。

そういった付加価値をどう自分の生活に取り込んでいくかを考えて自分に一番相応しい生活スタイルを見つけ出して頂きたいと思います◎

南国沖縄のシェアハウスの専門サイト/沖縄ダイビングスクール

南国沖縄のお部屋探しはシェアハウスで決まり!若者応援型・国際交流型シェアハウスは敷金・礼金・仲介手数料不要で家具家電付きのためカバン一つで生活スタートすることができます!

只今年末年始割引きキャンペーン実施中

長期滞在者対象で家賃最大5000円割引き!

MASA

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA